概要

 国際医療福祉大学ユニオンは国際医療福祉大学・高邦会グループ全体のより良い労働環境の達成を目的として、2021年2月に創設されました。私たちの特徴として、顧問弁護士がいることと、東京管理職ユニオン(https://www.mu-tokyo.ne.jp)を上部組織として持つこと、引退したメンバーが当組織の活動に継続的に参加できることが挙げられます。法人と対等に交渉を行うためには、可能な限り多くの仲間が必要です。

 

国際医療福祉大学ユニオンと共に強く

職場の明るい未来を目指して

IMG_4209_edited.jpg

こんな問題で困っていませんか?

​国際医療福祉大学ユニオンに相談してください

同意を得ない給与の削減
手当の無いオンコール待機

宿直という名の当直業務

不合理な雇い止め
​急な転勤命令

不明瞭な給与体系

​一方的な昇給基準とそれに伴う給与据え置き

​明かされない労働規約

不当に安いコロナ危険手当

 
 

​労働組合に加入することは日本国憲法 第28条で保障された権利です。組合加入により不利益を被ることがあれば、それ自体が不当労働行為として罰せられます。

DSC_2425.jpg

国際医療福祉大学ユニオン

執行委員長:先崎秀明

副委員長:籏義仁

事務局長:中川良

有給消化に関してお困りの方いればユニオンにご相談ください

https://www.vbest.jp/roudoumondai/columns/2967/

#令和3年度における定期昇給と賞与について

 

職員のみなさん、ご自分の雇用契約書と6月の給与明細を見てみてください。契約書に「昇給は年1回6月にされる」と書いてある方もおられると思います。実際に昇給はされていますか?昇給されていないのなら、その説明はありましたか?

 

また、賞与の額は業績に応じて変動の幅があるのは当然です。しかし、業績が上がっているのに賞与が満額でないということはあり得るのでしょうか。法人はコロナを理由に業績悪化を理由にあげます。しかし、昨年度、コロナ診療に関わった多くの医療法人は補助金により結局は黒字であると言われています。国際医療福祉大成田病院幹部は、患者が少ない、コロナのせいだ、赤字だ、今は我慢しろ、と言います。本当にそうなのでしょうか。ユニオンは情報開示を求めておりますが、法人はこれを拒否しております。

 

この問題に関して、法人から回答が得られない以上、ユニオンは広く社会に訴えかけていく方針です。

 

ユニオンメンバーの数を増やすことが法人との交渉に当たって最大の力になります、ぜひ参加いただき、皆で助け合っていきましょう。

国際医療福祉大学ユニオンへの加入申し込み・お問い合わせ

​*メールアドレスは@iuhw.ac.jp以外でお願いします

千葉県成田市畑ヶ田852

​TEL:未定

FAX:未定

送信が完了しました。